• ホーム
  • 鼻詰まり症状が出るパンデミックにはタミフル

鼻詰まり症状が出るパンデミックにはタミフル

インフルエンザ治療といえばタミフルといわれるほど浸透していますが、このタミフルが世の中に広く広まったのはインフルエンザのパンデミックの危険性が問題視されるようになったためです。インフルエンザの予防と治療として日本では厚生労働省が選定したワクチンでの予防接種とタミフル若しくはリレンザなどの抗インフルエンザ薬で対処するのが一般的となっています。
それと同時に解熱剤や点鼻薬などを併用して発熱や鼻詰まりなどの症状に対処しています。基本的にインフルエンザに感染してしまっても健康な成人であればタミフルを使わないでも自然治癒するため薬を投薬することなく回復しますが、基礎疾患を持っている方や、新しいインフルエンザウイルスが出現されたときやパンデミックによる危険性が高いと判定されるような状況の時にとても高い有効性を持っています。またカレイなどの条件によって免疫系の働きが低下している方にとってもタミフルのような抗ウイルス薬の投与はとても高い有効性を持ちます。
日本では医療保険で使えるため他国と比べたときに恵まれた環境下にあるともいえます。また妊婦などにも使うことも適切だともいわれています。さらにいつ起こるかわからないパンデミックに備えてタミフルやリレンザなどの薬を備蓄することは科学的な根拠に基づいて行われています。インフルエンザにかかってしまうと、高熱や鼻詰まり、鼻水などの症状が激しく生じてしまいますので、出来るだけ早い段階で適切な処置を行う必要があります。タミフルの投与などで適切に処置を行うことで、症状をこじらせてしまうことを防ぐことに繋がりますので、インフルエンザかなと思った時はすぐに専門医に診てもらうことをお勧めします。

関連記事