• ホーム
  • タミフルを個人輸入で購入してみる

タミフルを個人輸入で購入してみる

タミフルはインフルエンザに効く薬ですが、予防のために飲まれることもあります。症状が出ていない段階では保険が適用されませんから、インフルエンザの症状が出ていない時に病院で処方してもらうと、保険で3割負担とならないため、価格が高くなります。そのため、個人輸入でタミフルを購入する人もいるみたいです。個人輸入でタミフルを購入すれば、保険が適用されて3割負担でタミフルを購入するケースと、あまり変わらない価格で購入することができます。

個人輸入するときに不安なのが、類似品や粗悪品をつかまされないかということです。個人輸入を代行している業者というのは、あまり信用できない業者も多いため、粗悪品をつかまされてしまう可能性が高いです。業者選びには十分に気をつけておく必要があります。

個人輸入をしたタミフルを飲んで、嘔吐をした場合、実はそれほど心配はありません。なぜなら、タミフルの副作用として、嘔吐や下痢があるからです。もちろん、嘔吐という副作用が出たからといって、それが正規品であるという保証にはなりませんので、念のために医師の診断を受けたほうがよいでしょう。

タミフルはインフルエンザウイルスの増殖を抑える薬ですので、早い段階で飲まなければ意味がありません。48時間以上が経過して、ウイルスがたくさん増殖した頃に飲んでも、あまり意味がないということです。そのため、集団生活を送る高齢者などは、予防のために持っておきたいと思うかもしれません。しかし、個人輸入で粗悪品をつかまされてしまうと、もっと深刻な問題になってしまうこともあるので、やはり病院で処方してもらったほうが安全です。個人輸入はメリットもありますが、リスクもあるということを知っておきましょう。

関連記事