• ホーム
  • タミフルはインフルエンザ感染症の特効薬?

タミフルはインフルエンザ感染症の特効薬?

寒い時期になるとインフルエンザ等の感染症の流行が毎年始まります。
感染が広がり学級閉鎖等の言葉を聞く事も多いと思います。
インフルエンザというと治療薬としてタミフルが有名で、インフルエンザ治療の特効薬というようなイメージを持たれている方も多いようです。
確かにタミフルはインフルエンザの治療薬としてとても効果が期待できる薬なのですが、いつ服用しても効果が期待できるという訳ではありません。
というのも、タミフルはインフルエンザのウイルスを除去したりする薬ではなく、インフルエンザウイルスの体内での増殖を抑える薬だからです。
インフルエンザの症状を悪化しないように増殖を抑えて回復を早くする効果があると言われています。
その為タミフルの効果を発揮する為には体内のインフルエンザウイルスが増殖する前に服用する事が大切と言われており、インフルエンザの症状を発症してから48時間以内に服用を開始しないと効果がないと言われています。
インフルエンザを疑う症状や環境がある場合にはなるべく早く医療機関を受診して服用を開始する事が大切です。
また、インフルエンザにはA型、B型、C型等に分かれているのですが、タミフルの効果があるのはA型とB型のみと言われています。
そして、タミフル服用の副作用としては、下痢や嘔吐が挙げられています。
また、少し前にタミフル服用による異常行動がテレビ等でも取り上げられ、耳にした事があるという方も多いと思います。
異常行動については、発症の頻度等はわからず10代に多いと言われています。
子供の場合体重等から計算された量が処方されます。
むやみに怖がる必要はありませんが、服用中は異常行動等の変わりはないか親が様子を確認する事が薦められています。

関連記事