• ホーム
  • インフルエンザにはタミフルかティーツリーか

インフルエンザにはタミフルかティーツリーか

インフルエンザに罹ったかもしれないと思ったら、なるべく早めに医療機関を受診して、CRP血液検査などを受けて本当にインフルエンザか通常の風邪なのかを確かめたほうが、治るまでの早さが違ってきます。
インフルエンザといえば、有効な薬はタミフルとリレンザですが、どちらも発症後48時間以内の服用でなければ効き目が弱くなってしまいますので、早めに診断を受けることが肝心となります。
インフルエンザの特効薬のようにいわれているタミフルですが、名称が知られるようになったきっかけが、服用した子供が二階から飛び降りるなど異常な行動をとる副作用からでしたので、特に幼い子どもがインフルエンザに罹患した場合、処方されるのをためらう親御さんが少なくないようです。とは申せ、タミフルの助けなしには、高熱や身体の痛みといったつらい症状が長く続いてしまうので、成人に比べて体力のない幼子や高齢者こそ、服用したほうが良いと言われています。
それでもタミフル等の薬品そのものに不安を覚える場合、ティーツリー・オイルを試すという方法があります。
ティーツリーは抗菌効果が非常に高いので、インフルエンザに罹ったかもしれないと思った段階で、薄めた液でうがいを繰り返したり、湯気の状態にして吸引すると、菌の増殖をかなり抑えられるようです。
アロマ系なので、副作用もなく安全と思われがちですが、うがいや吸引までは大丈夫でも、飲んでしまうとかえって身体に毒なので、幼い子どもへの使用は、むしろ控えたほうが良いと考えられます。
インフルエンザに罹ってから使うというよりも、流行シーズンの少し前から、予防として、うがいなどに利用する方がより効果的と申せましょう。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧